設計するところから

photography by smartphone

さまざまなプログラミング言語をうまく活用できるようにならなければ務まらないインフラエンジニアですが、具体的にプログラミングをするのはプログラマーの仕事です。もちろんインフラエンジニアであるあなたも関わってくることになりますが、どちらかと言えばすべてにおいてマネジメントする役割を果たすことになるでしょう。ではここでインフラエンジニアが行うことになる仕事内容についてさらに詳しく詳細を書いておきたいと思います。まずインフラエンジニアが必ずやるべき最初の仕事として、WEBデザイナーが考案してくれた案件を見ながら実現するには何が必要になるのかなどを相談するところからスタートとなります。これを要件定義と言うんですが、WEBデザイナーの作ったデザインをできるかぎり忠実に再現させるように工夫して考えるのがインフラエンジニアに求められる重要な要素となってきます。だからこそプログラミングの知識がかなり必要になるのです。お互いが納得するような要件定義ができたら今度は設計書を作る作業に取り掛かります。設計書というのは実際にプログラマーの人たちがスムーズに仕事できるようにするいわば設計図の作成です。どのようなスペックでインフラを構築することになるのかや、それにかかる時間の提示、さらには予算に関する記述もここで詳しくしていくことになります。インフラ構築というのはけしてひとりだけではできないので、何人もいるプログラマーをどのように分担して仕事をしてもらうのか具体的に書いていくようにしないといけません。